スタートアップであっぷあっぷブログ

元研究者のスタートアップ経営者がスタートアップでの経験やキャリアについての考え方を発信するブログ。雰囲気ゴリラ似。

お薦めTEDトーク5「VCへのプレゼン術」

投資家が最も重要視しているのは「あなた」 David S. Rose

 

ベンチャーキャピタル(VC)やエンジェル投資家から資金を出してもらいたいと考えている方はいますでしょうか?上司や取引先など仕事上で協力してもらいたい人はいますでしょうか?

 

今日は投資家へのプレゼンの仕方についての動画をご紹介します。シリコンバレーで起業家兼エンジェル投資家として活動しているDavid Roseさんが説明をしてくれています。あまりTEDっぽいプレゼンではありませんが言っている内容はスタートアップをやろうとしている人、やっている人の参考になります。またこのプレゼン術は投資家に対してだけでなく、上司や取引先など仕事上で協力してもらいたい人に対しても応用できます

  

目次

 

f:id:Gorilyn:20210129144444j:plain

 

投資家がみるのは「あなた」

ビジネスモデル、財務、経験などなど投資家が確認する項目はいくつもあるけれど、投資の一番の決め手は「あなた」!「あなた」に投資をしたらきちんとリターンが返ってくるかということを見ているそうです。

 

私の経験でも似たようなことはたくさん聞いてきました。企業でも大学でも言われていたのは「大切なのは結局ヒトだ」という言葉です。皆さんも聞いたことはありませんでしょうか。時代や場所、環境が違ってもやっぱりこの言葉に集約されるのですねー。

 

シリコンバレーの起業家や投資家が何か特別な神通力を持っているわけではなくて、普段私達も大切にしていることを同じように大切にしているようです。これは朗報ですよね~。

 

「あなた」について重視するところトップ10

もう少し具体的にいうと投資家は「あなた」のどこを見ているのでしょうか?それはこちらだそうです。

  1. Integrity (誠実さ)
  2. Passion (情熱)
  3. Experience (経験)
  4. Knowledge (その領域の知識)
  5. Skill (会社をやっていくスキル)
  6. Leadership (リーダーシップ)
  7. Commitment (最後までやり遂げる覚悟)
  8. Vision (ビジョン)
  9. Realism (現実性を持つこと)
  10. Coachablility (他人のアドバイスを聞く能力)

 

 短時間でこんなに見るのですね!

 

リストの一番目にIntegrity(誠実さ)があげられています。信用できる人間であることが大前提になっているのですね〜。スキルばかりが気になってしまいますが、スキルが出てくるのは5番目です。誠実さや情熱が最初に挙げられているのがとても印象的です。

 

7のCommitmentはお薦めTEDトーク2「GRIT: 成功のカギは、やり抜く力」の内容と同様だと思いました。

お薦めTEDトーク2「GRIT: 成功のカギは、やり抜く力」 - スタートアップであっぷあっぷブログ

 

f:id:Gorilyn:20210129155354j:plain 

 

9「Realism(現実性を持つこと)」10「Coachability(他人のアドバイスを聞く能力)」については見極めが難しそうです。起業家は情熱を持って自分の信じている未来に向かって突き進む事が必要ですが、こちらにあげられたように現実性を持つことと他人のアドバイスを聞くことも同時に求められています。他人の言うことが必ずしも正しいことではないし、現実だけを見つめていてもダメです。夢を待ちつつどこまで現実的なプランを描き、ビジョンを待ちつつどこまで他人の意見を聞いたら良いのでしょう。結局はバランスということでしょうか。難しいなー。

 

私の師匠であるシリコンバレーのエンジェル投資家もこの「Coachability」は必要だと何度も言っていました。投資家の言う事を聞かない起業家がそれだけ多いのでしょうね。投資家の意向に従わない起業家達は容赦なくクビにされていました(えげつなーーー)。。。スティーブ・ジョブズもある時アップルをクビになりましたしね。でも結局低迷したアップルを救ったのはスティーブ・ジョブズだったことを考えると、どこまで他人のアドバイスを聞くのがよいのかは実際は判らないな~と思います。

 

プレゼンの流れ

 VCへのプレゼンは小学生を相手にするように分かりやすく一歩一歩話を進めなくてはいけないとのことです。プレゼンに含める内容はこちらです。

  1. Company Logo (会社のロゴ)
  2. Business Overview (事業概要)
  3. Management Team (経営陣)
  4. Market (市場)
  5. Product (製品・サービス)
  6. Business Model (ビジネスモデル)
  7. Strategic Relationships (提携)
  8. Competition (競合環境・差別化)
  9. Barriers to Entry (市場参入)
  10. Financial Overview (財務概要)
  11. Use of Proceeds (資金の使い道)
  12. Capital & Valuation (必要な資金、企業評価額)

 

動画へのリンク 

こちらがYouTubeにあがっていた動画のリンクです。クセが強い感じですね~。まったく着飾ってなくていかにもシリコンバレーにいそうなエネルギーにあふれた方です。すごいな~。楽しそう。

 

デイビッド・ローズの「VCへのプレゼン術」

youtu.be

 

最後に

自分のスタートアップに資金を出してもらう時に日本のVCへプレゼンをする機会が何度かありましたが思い出すだけで胃が痛くなります。苦労しました。ストレスで奥歯も割れてしまいましたしね。私、繊細なんです。VC怖いよーーー!この動画が言っていることに少しでも近づけるようになりたいな~。次回プレゼンをする前にはこの動画をまた見ようと思います。

 

個人的にはシリコンバレーの投資家よりも日本の投資家の方が優しくてこちらが言おうとしていることを理解しようとしてくれる印象があります。起業して資金調達するなら日本の方がやりやすいかも、でもExit(M&AIPO)するときにはシリコンバレーのVCや投資家の方がネットワークが広いので有利かもなぁと思います。

 

今日は以上です。ありがとうございました!

 

【その他のお薦めTEDトーク